グランプリシリーズ5大会の4回転ジャンプのGOE上位3。

4S, 4TはGOE最大値が比較的低いものの、
羽生選手は高い達成率で4Lz, 4FのGOEを上回っている。

そして怪我の中飛んだ4TのGOEが全選手1位。

 

4Lzは基礎点が高いものの、GOE最大のボーヤンでさえGOE達成率60%に届かず、
ジャンプ基礎点+GOEの得点は宇野選手の4Fや羽生選手の4Sや4Tを下回る。

 

※2018/11/18時点