3A~4A + 3T/2Tのコンビネーションジャンプ。(3A+4Tも)

3A+4Tは、4A+3Tの基礎点を上回ってトップ。

4T+3Tは、4Lz+2Tや4F+2Tよりも基礎点は高いものの、加点の幅がやや狭い。

※コンビネーションに関するルール変更はまだ発表されていないと思うので、2018~2019年ルールを参考。