トリノオリンピック、男子フリーのジャンプまとめ。

コンビネーションジャンプ加点上位には、
プルシェンコ選手🇷🇺、ランビエール選手🇨🇭の4T+3T+2Loがランクイン。

フリーの4回転の数は、
平昌45本、ソチ23本、バンクーバー11本、トリノ14本と、
バンクーバー以降ほぼ2倍ずつ増えている。