オータムクラシック、男子フリーのジャンプまとめ。

左下のように、ジャンプ全体の1/4程で回転不足等を取られている。

左上の単独ジャンプは、羽生選手🇯🇵の3Lzが加点率72%でトップ。
プルキネン選手🇺🇸の3A、メッシング選手🇨🇦の4Tと続く。

右上コンビネーションはメッシング選手🇨🇦の3A+2Tがトップ。